ジェネティクス療法

ARTWEL いかるが(斑鳩)均整ヒーリング整体

0422-77-6171

〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町
2-24-6吉祥寺グリーンハイツ201

施術時間:10:00~21:00

lv

ジェネティクス療法

吉祥寺の整体ARTWELのジェネティクス療法

ジェネティクス療法とは

ジェネティクス療法

ジェネティクス療法は、人類史上初めての「脳幹」の調整回復が望める療法です。
ジェネティクス療法のみが、明確に「脳幹」の調整回復を可能としています。

まず、この療法では「脳幹」がどのくらい機能低下しているかを測定します。
「脳幹」がダメージを受ける原因はストレスにあります。
このストレスというのは、疲れや過労、事故などの肉体的なものや、発育時(胎内も含む)の母子関係、勉強やスポーツのやりすぎ、就職の失敗などの精神的なもののことを指し、現在だけでなく過去に受けたものも含みます。

「脳幹」の機能不均衡とは生を受けてからの累積によって引き起こされるのです。
この「脳幹」に累積したストレスを取り除くのが、ジェネティクス療法です。

ジェネティクス療法の歴史

ジェネティクス療法を開発したのは、アメリカのカイロプラティクス(背骨を中心とした骨格の調整=日本語でいうところの整体)の発祥の大学、パーマーカレッジの初代技術研究部長であったマーチン・E・ジェネス博士(教授)です。

ジェネス博士は、どんなに骨格や背骨の調整をしても、背骨の上にのっている脳を回復させることができなければ深い意味での回復を達成することにはならないのではないか?と考えたのです。
そこで注目したのが、人間の健康や姿勢、内臓への自律神経を介した指示伝達、ホルモンの分泌、気分のホルモン、呼吸や心臓の管理、筋緊張、体温維持などを一手に引き受けている「脳幹」でした。

カイロプラティクスの大家であるジェネス博士は、「脳幹整体」を求め試行錯誤しました。
そしてタフネス式カイロプラティックスに着眼し、これを発展させれば「脳幹整体」が可能になると考えました。
ただタフネス式カイロプラティックスを発展させるためには、神経学を学ばなければなりませんでした。
ジェネス博士は、「脳幹整体」という目的を達成するために神経学をゼロから学びはじめます。

医学の中でも神経学の高度な習得には困難を極めると言われています。
ジェネス博士は、それを5、6年かけて学び、博士にまでなり「ジェネティクス療法(脳幹整体)」の研究を1970年代に完成させたのです。
日本では、1990年頃から広まったと言われています。

施術を受ける女性

ジェネティクス療法を用いた施術・効果

ジェネティクス療法は、世界ではじめて「脳幹」の調整回復ができるようになった療法です。
しかも、カウンセリングのようにお話を伺うようなものではなく、具体的な身体施術として、身体の約50~60ヶ所の神経ポイントを軽く刺激していく療法です。
つまり、脳から離れた身体のポイントから「脳幹」の健全化をはかるのです。

ほかの療法においても、「脳幹」を謳う場合もありますが、それは脳に刺激を与えるという意味で、ダメージ回復を明確にはしていません。
ジェネティクス療法のみが、明確に「脳幹」の調整回復を可能としています。
これは、”整えきれる”ということです。

まず、ジェネティクス療法ではどのくらい「脳幹」の機能が低下しているのかを測定します。
「脳幹」がダメージを受ける原因はストレスです。
ストレスとは現在抱えているものだけではなく、胎児のころにまで遡ります。
肉体的なものでは、疲れや事故、慢性的な食べ過ぎ、飲み過ぎ、さらに幼少期の事故などをさします。
精神的なものでは、発育時(胎内も含む)の母子関係や成長時の人間関係、受験や就職の失敗、さらに両親の離婚、肉親との死別など、さまざまです。

ジェネティクス療法ではこれらの肉体的、精神的ストレスを解消させます。
長期間にわたって受けていただいた場合には、「脳幹」の回復はもとより、成人病の予防、老化の防止、身体の内側からの美容効果などが期待できます。

施術を受ける女性

脳幹機能指数について

脳幹機能指数説明

脳幹機能指数は、血圧を測るように物理的に明確に測定できるものです。
もちろん、計測にはそれなりの技術と経験が必要になります。
脳幹の指数は、13前後~16前後までが基準になる数値と言われています。

13台の数値は極めて良い健康状態で、自然治癒力も高く、ストレスにも強い状態です。
一方、16前後になると、ちょっと危険です。
当院の施術経験から言っても、16前後、特に16を超えると、追い詰められた状態と言えます。

症状が現れるのは何らかのストレスが引き金になる場合が多いです。
以前に10代で16前後の方がいらっしゃいましたが、自律神経の難病でした。
脳幹機能指数は高くなってしまうと、すぐにというわけではないですが、やがて不調が出ます。
数値を下げるには、ジェネティクス療法の施術をしなければ、基本的には下げることができません。

施術を受ければ確実に、脳幹の回復が期待でき、脳幹機能は健全に戻すことができます。
ジェネティクス療法の目的は数値を13台に下げ、健康的な状態で安定させることです。
そうすれば、あらゆる良好な結果が得られるのです。

13台に数値が下がるまでに、これまでの患者様では最低6回、とても数値の高かった方の場合は数ヶ月かかりました。
脳幹コース以外にも根本的にエネルギー(気)が欠如している方は気功ヒーリングコースとの併用がおすすめです。

お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

施術時間:10:00~21:00
定休日:不定休

0422-77-6171

院内風景

TOP