発達障害は脳幹を治す、脳幹療法がある。

ARTWEL いかるが(斑鳩)均整ヒーリング整体

070-8993-5375

東京都武蔵野市吉祥寺
吉祥寺駅 北西出口 徒歩4分

lv

発達障害は脳幹を治す、脳幹療法がある。

発達障害・ADHDその他

2019/02/22 発達障害は脳幹を治す、脳幹療法がある。

 

 

ARTWEL いかるが(斑鳩)均整ヒーリング整体

 

 

 発達障害何が

 発達の障害なのか、

 何が発達していない

 のか⁉︎

 

 

発達障害には多くの症状があるのだとは思いますが。一体幼い頃、または生まれる以前に何が発達の妨げになってしまったのか? あるいは何が発達しなかったのか? どこが発達しなかったのだろうか?

 

多くの場合、発達しなかったのは『脳』ということになるのだと思われます。もしそうだとすれば、脳が発達できない条件はなんなのでしょうか。?

 

ジェネティクス療法という療法があります。これは『脳幹』の世界で唯一の調整療法です。歴史上でも初めての脳幹療法です。『脳幹』は脳の中の神経の起点です。脳の中の神経の始まりは脳幹なのです。そして、脳内の神経伝達物質の分泌の起点・始まりも脳幹なのです。脳の仕組み上、脳幹が活動の中心と言えないでしょうか?!

 

ジェネティクス療法の『脳幹』根本原因説では、これは発達障害だけでなく全ての症状に言えるのですが、なんらかの負荷《肉体的ダメージ、打撲・じこ。精神的なストレス。生化学的なストレス、薬品など。》が幼い頃(生まれる前)に負荷としてかかってしまい、その行き着く先の『脳幹』が不均衡な状態になってしまった。その結果、脳の発達障害が起きてしまった。

「脳幹」がストレス、ダメージの最終的な受け取り場所なのです。

 

この脳幹のダメージの累積(脳幹の機能不均衡)の状態をジェネティクス療法では数値として測定することができます。これは血圧を測定するように物理的に測ることができるのです。この数値を手技施術(自然療法)によって下げることにより、『脳幹』を最も良い状態に回復させるのがジェネティクス療法です。「脳幹」が回復すると神経的にも、脳内神経伝達物質においても、自律神経を通して血流的にも、多くが最もよい状態に向かうセッティングとなるのです。

 

それにより、多くの病気が回復、改善、するのです。発達障害もその中の1つとして考えられるのは当然です。

 

 

療法家。

 

 

 

#発達障害

TOP